マンション購入前に知っておきたい管理費と修繕積立金のこと

管理費と修繕工事が発生する

マンションを維持するために

きちんと管理されたマンションであれば、大きなトラブルが起こることなく暮らせます。 そのためには、そこで暮らしている人が管理費を支払うことが欠かせません。 マンションを購入すると、管理費が発生すると忘れないでください。 管理費について、詳しく学びましょう。

安心して暮らせるように

管理費はマンションの共用部分を維持したり、管理したりするために使われます。
マンションには管理人がいると思いますが、管理人の人件費に充てられることも多いです。
また共有部分の掃除用具を買ったり、電球やトイレットペーパーなどの消耗品を補充したりする時にも管理費が使われます。
そのようにマンションを管理するために欠かせない費用なので、必ず支払ってください。

修繕積立金とは、数年に1回の頻度で訪れる大規模なマンションのリフォームをする時に使う費用になります。
マンションのエントランスや外壁、廊下などの共有部分が劣化したらリフォームをしなければいけません。
綺麗にリフォームすることで丈夫になりますし、これからも住民が安心して暮らせるでしょう。
またマンションで暮らす人の年齢や状態に合わせてバリアフリー工事を行ったり、耐震工事を行ったりすることもあります。
特に住民の高齢化が進んでいるマンションでは、バリアフリー工事が必要不可欠です。

負担を削減するために、できるだけ管理費が安いところを選択したいと考えている人が見られます。
しかし管理費が極端に安いマンションだと、管理が不十分である可能性が高いので注意してください。
それでは、安心して暮らせないかもしれません。
重要なのは、自分が求めるサービスと管理費が釣り合っているという部分です。
購入を決める前に管理費がどのくらいなのか、どのようなことに使われているのかを把握しましょう。

数年に1回行われる

最初は綺麗な状態のマンションでも、年数が経過すれば劣化して壊れやすくなります。 そこでもっと丈夫にするために、定期的にリフォームが行われています。 リフォームの際は高額な料金が発生しますが、マンションでは定期的に住民から修繕積立金を受け取っているので問題ありません。

どのくらいの管理費が発生するのか

管理費は、マンションごとに金額が変わります。 それも含めて、どこのマンションを選択するか決めてください。 予算が少ない人は、管理費が安いところを選択しがちです。 しかしあまりにも安いマンションは、管理が行き届いていないケースが多いので避けましょう。

TOPへ戻る